予約から乗車の流れ

高速バスを利用する手順としてはまず乗車券を予約し、そして乗車券の支払いをしてから乗車するという流れになっています。予約をする方法としては、インターネットから予約、直接窓口から予約をするという方法があり、自分が予約しやすい方法で予約をするようにしましょう。ただ、電話や窓口での予約は受け付け時間が決まっているので、いつでも予約できるという訳ではないという点は注意しなくてはいけません。インターネットでの予約は基本的に24時間受付されていますから、電話や窓口に行く時間がないという人はこちらをご利用ください。

支払いについてもいくつか方法があり、インターネットから予約する場合はクレジットカード決済やコンビニ決済が一般的で、窓口から予約する場合はその場で直接支払う事になります。電話の場合は予約した時点で支払方法を提示されるので、それに従って支払方法を選ぶようにしましょう。この支払方法はバス会社によって違うので、絶対にこの方法しか無いという訳ではありません。支払いが終わると乗車券を入手できますので、それをなくさないようにしましょう。

乗車する際には乗車券が必要となり、無くしてしまうと予約してあっても乗車できなくなってしまいます。インターネットから予約した場合はケータイ乗車券となりますので、乗車券を閲覧できる携帯電話を持っていきましょう。予約から乗車までの流れを把握しておけば、スムーズに予約から乗車までをこなせるようになります。